スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まりぼん
スポンサー広告


Invictus
私の運命は私が決める
私の魂は私が導く


スーパーバイザーとのミーティングと仕事の間に時間がありまして
たまたまちょっと古い映画を上映する映画館で見逃していたインビクタスがやっていたので
これ幸いと観てきました

インビクタス
http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/

ネルソン・マンデラが大統領に就任した後に
南アフリカで行われたラグビーのワールドカップで、南アフリカが奇跡の優勝を遂げるという
実話に基づいた物語です

マンデラは人種に分けられていた国家をひとつにする、その象徴として
ワールドカップで優勝して欲しいと南アフリカのキャプテンに頼みます
ラグビーのルールは良く知らないのですが
みんなが一つになって目的の為に協力するということ
試合が終われば敵も味方もないということが良いのでしょう
スポーツが人の心を動かし、一つにする事が出来るのか?
不可能を可能に出来るのか?

ネルソン・マンデラというのは偉大な人だなぁと感心することしきり
そして信じる心が、奇跡を起こすということ
人は赦しあい、理解しあえるということ

かれの不屈の信念に心を打たれました
劇中でマンデラがラグビーのキャプテンに渡す詩があります
彼が獄中にいたときに助けられた詩ということです
これがそのまま映画のタイトルにもなっています


Invictus(William Ernest Henley)

Out of the night that covers me,
Black as the Pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds, and shall find, me unafraid.

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll.
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.



インビクス(ウィリアム・アーネスト・ヘンリー)
 
私を覆う漆黒の闇
鉄格子にひそむ奈落の闇
私は あらゆる神に感謝する
我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ
私は ひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ 血を流しても
決して屈服しない

激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしい死が浮かび上がる
だが 長きにわたる 脅しを受けてなお
私は何ひとつ 恐れはしない

門が いかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者
私が魂の指揮官


この映画の中で私が心を引かれた曲が2つ
ひとつはラグビーワールドカップのテーマ曲「World in Union」
ホルストの惑星の「木星」を基にした曲です

World in Union
http://www.youtube.com/watch?v=isXlv8EGqaw

World in Union

There's a dream
I feel so rare, so real
All the world in union
The world as one

Gathering together
One mind, one heart
Every creed, every colour
Once joined, never apart

Searching for the best in me
I will find what I can be
If I win, lose or draw
There’s a winner in us all

It's the world in union
The world as one
As we climb to reach our destiny
A new age has begun

We face high mountains
Must cross rough seas
We must take our place in history
And live with dignity

Just to be the best I can
Sets the goal for everyman
If I win lose or draw

It's the world in union
The world as one
As we climb to reach our destiny
A new age has begun

It’s the world in union
The world as one
As we climb to reach our destiny
A new age has begun

It’s the world
The world in union
A new age has begun

そしてもう一つは南アフリカの国歌
映画を観ていてその歌詞の意味がわからなくても
不思議と聞いていて心が熱くなるような曲でした

南アフリカ国歌
http://www.youtube.com/watch?v=qXKur2FAN7g

南アフリカは未だに山積みの問題があり
人々は苦しみ、政府は混迷しています
ですが、あの優勝の瞬間はきっと
人の心に隔たりも何もなく
共に喜びをわかちあっていたと思います
どうかその瞬間を忘れずに
あきらめずに、信念を持って進んで行って欲しいと思いました

それと同時に私は
自分が、心から誇りと愛をもって、国歌を歌う
そんなときが果たしてあっただろうか?と考えました
私たちの国は(世界全体を見たら)非常に豊かな国だけれど
ニュースを見ていたら、心が沈んだり
頭にきたりすることが沢山あります
政府はかなり、ええ、アレですが…(だがしかし、まっとうな政府が今の時代どこにあるかというお話で)

それでも、日本を出て外から見ていたら
素晴らしいところも沢山あるのです
私は、私の国が好きだと言いたいし
私は、私の国が素晴らしいと胸を張って言いたい
そんな気持ちになりました
それには、私からまず始めなくてはいけませんね
まりぼん
映画とか本とか芸術とか
10 0

comment
いつも長くてすみません。
▼Invictus (Soundtrack) - 05 World in Union
http://www.youtube.com/watch?v=isXlv8EGqaw
原曲は英国生まれのクラッシックだったんですね。知ってるんだけど、どこで聴いてたのかが分からない。でも歌詞が入った方が凄くいいなぁ。

今年は南アフリカでサッカーのワールドカップがありますが、2019年には日本でラグビーのワールドカップが開催されることが決定してます。映画にあるように以前は奇跡だったのかもしれませんが、現在は世界ランキング2位だから堂々としたものです。日本も過去の経緯があるので南アフリカのチームが日本に来たときは、応援すべきだと思ってます。
▼ラグビーワールドカップ
http://rugby-worldcup.jp/

南アフリカには300年くらい前から蘭国人が移り住んでました。数世代の時がたつと、自分たちこそがアフリカ人だと意識しはじめてボーア人と呼ばれるようになる。

19世紀後半に南アフリカで金が発見されると英国の侵略を開始します。ボーア人との戦争です。そして、英国の支配が始まる。支配は同じ白人であるボーア人に配置し、黒人との区別からアパルトヘイト(人種隔離政策)へと展開する。

1970年代に入ると、国際連合や米国が南アフリカ制裁を開始、世界がアパルトヘイト廃止を訴え始めます。

そんな中、日本は南アフリカに埋まるレアメタル欲しさに最大貿易相手国としての地位を確保し続け、「名誉白人」という地位まで与えられてしまいます。
ちなみに、「日本南ア友好議員連盟」というアパルトヘイト政権支持の議員連盟があったのですが、その会長は当時国会議員だった今の東京都知事です。

1989年になると、黒人たちの激しい反対運動と世界からの圧力で、アパルトヘイト崩壊へ向けて情勢が動き出します。やがて国民投票(白人のみ)で、「数年以内のアパルトヘイト廃止」を決定し、後にマンデラと共にノーベル平和賞を受賞するデ・クラークが大統領となり、政治犯の釈放が始まります。
翌年2月には、ネルソン・マンデラが27年半ぶりに釈放され、黒人グループの武装闘争も停止する。

僕ならば、30年近く自分を閉じ込めた人々を許せるかな?
2010/05/27 14:32 | | edit posted by 筑紫平野
オリンピック、ワールドカップとスポーツは愛国心を呼び覚まし、また国を、世界を1つにする不思議な力がありますね。
どんなに苦境の情勢でも、応援する気持が湧き上がる。

サッカーのワールドカップがもう少しで始るのに、今回はどうも日本国内の盛り上がりが少ないように思います。
頑張れ!日本!
2010/05/29 01:31 | | edit posted by 銀色まんまる
まりちゃん
 おはよう~
 南アフリカのこと、まったく知らなくて・・・・
 筑紫平野さんの記事を少し読ませてもらったのですが・・・
 歴史的な背景があって、ラグビ-があるんですね。
 日本も、ラグビ-人口が減っているので、
 ワールドカップ、そしてオリンピックに向けて、いろんなイベントを行いたいようですが・・・
 なかなか上手くいかないようです。
 僕も日本は大好きです。
 政府がしっかりしてないけど・・・・
 そして、広島も大好きです。(笑顔)
 

 
2010/05/31 21:15 | | edit posted by こうめい
まりちゃん
 おはよう~
 今朝、新聞を読んでビックリしたのですが、
 イギリスの湖水地方で、乱射事件があったのですね。
 12人が死亡、25人が負傷したと出てました。
 怖いなぁ-
2010/06/03 23:15 | | edit posted by こうめい
まりぼん生きてますか?元気にしてますか?

以前、記事にしてた「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」の本物が動画サイトに紹介されてたのでお知らせします。
やっぱり「ベト7(シチ)」で始まってる。ラストの気絶するシーンは、のだめらしいシーンだと思います。

中国のyoukuを使ってるため10秒程度のコマーシャルが入るかもしれませんが無視してください。
映像が再生になったら、停止して赤いダウンロードの線を少し貯めてから再生した方が、停まらずに気分よく観れると思います。
▼のだめカンタービレ 最終楽章 前編(その1)
http://v.youku.com/v_show/id_XMTgxMjc4MDky.html
▼のだめカンタービレ 最終楽章 前編(その2)
http://v.youku.com/v_show/id_XMTgxMjkyOTUy.html

ムーミン谷は田植えが始まって、カエルの鳴き声が聞こえるようになりました。
2010/06/19 15:26 | | edit posted by 筑紫平野
Re: いつも長くてすみません。
筑紫平野さん

ご無沙汰しております!
コメント頂いたのに放置していてすみません(汗)

木星は日本だと平原綾香さんが歌詞をつけて歌っていた気がします
けっこうヒットしていたので、それで聞いた事があるのかもしれませんね

2019年には日本でラグビーのワールドカップが開催されるのですね!知りませんでした。
盛り上がるといいですね!
私のまわりには白人の南アフリカ人が沢山います。中にはアパルトヘイトが廃止された後に避難してきた人もいます。オランダ系でまだ家族が南アフリカにいる人もいます。
南アフリカの白人でも、裕福な人ばかりでもありませんし、アパルトヘイトに賛成していた人ばかりでもありません。

複雑な歴史の背景に英国あり…とばかりに、南アフリカの問題にも英国は深く関わってます。
今はそんな力もないかもしれませんけどね(黒幕はアメリカ、ロシア、中国が主流ですな)

> 僕ならば、30年近く自分を閉じ込めた人々を許せるかな?

映画の中で、主人公が同じような疑問を抱いてます

「30年、彼は修行していたようなものだからね」

とは、私のセラピストの言葉
時間は同じように人に流れるけど
それをどう過ごすかは、私たちしだいなのですね

ありがとうございました
2010/06/19 23:18 | | edit posted by まりぼん
Re: タイトルなし
銀色まんまるさん

お元気ですか?ご無沙汰しております
いつもコメントしようと思うのですが、落ち着いたときに、と思うと日々は過ぎです

スポーツの素晴らしさってありますよね
日本も今回のワールドカップで心を一つにして
明るい気持ちで頑張って欲しいなぁと思います
信じること、頑張ること

日本、本当によくやってます!
頑張れ!日本!
2010/06/19 23:21 | | edit posted by まりぼん
Re: タイトルなし
こうめいさん

ご無沙汰してます!
ほったらかしになってて申しわけありません

南アフリカの事は、私は学校の授業で習った記憶があります
「名誉白人」ってなんだ?!と思った記憶があります

日本はラグビー人口が減ってるのですが
昔は大人気でしたけどね
サッカーも観ていると面白いのですが
手が使えないのがもどかしくて
いっそラグビーの方がみててすっきりするかなぁーと思います(笑)

一般的にラグビーは中、上流階級のスポーツと言われてます
ルールが複雑なのと、必要な道具が多いからですね
サッカー、バスケットボールは、ボールさえあればどこでもできるので
貧困階級の人がのし上がる!というスポーツらしいです
そのハングリー精神がいいのかなぁ

政府はしっかりしてないけど
政府って、結局のところ、国民性を反映すると思うのですよね
私たちの責任でもありますね

自分が住んでいる町が好きって素敵ですね
広島、修学旅行で行ったきりです
日本は綺麗なところが沢山あって、いいです
2010/06/19 23:28 | | edit posted by まりぼん
Re: タイトルなし
こうめいさん

ご心配ありがとうございます
そう!それは大事件でした!!
怖いですねー
湖水地方はのどかな観光地なので
そんな事件があるなんで、想像できません

こっちも銃は違法なのですが、合法で手に入れたものらしいです
怖いですね
2010/06/19 23:30 | | edit posted by まりぼん
Re: タイトルなし
筑紫平野さん

生きてます!元気にしてます

のだめ情報ありがとうございました!
明日から2日間旅行なので、戻ってきたらみます
楽しみです~

本当に、ご親切にありがとうございます!

> ムーミン谷は田植えが始まって、カエルの鳴き声が聞こえるようになりました。

カエルの鳴き声!懐かしい
田んぼの中にあった
祖父母の家を思い出します
もう夏もすぐそこですね
2010/06/19 23:32 | | edit posted by まりぼん
comment posting














 

trackback URL
http://abohemian.blog45.fc2.com/tb.php/132-823ead81
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。