スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まりぼん
スポンサー広告


私の夢
いつ叶うか?

さて、コンサート
またまたコンサート

先週の土曜はバイエルン放送交響楽団
マリス・ヤンソンス再び

マーラー「さすらう若者の歌」(Lieder eines fahrenden Gesellen)
ショスタコーヴィチ 交響曲10番

でございました
ショスタコーヴィチは交響曲4番をLPOの演奏で聞いたことがあります
その時は好きだと思ったのですが
この10番は微妙だなぁ…私には分裂気質っぽく聞こえました
名作といわれているらしいですけどね

音の感触が「細い」オーケストラだなぁと思いました
シューベルトなんかを聞いてみたいですね

演奏はとっても上手です、はい
私がマリス・ヤンソンスを好きなのは
音楽を体現している、とても楽しんでいるのが伝わってくる指揮だから

曲目はあまり好みではありませんでしたが
ヤンソンスを見られたのでヨシとします

そして本日は、楽しみにしていたベートーベン!
ジ・エイジ・オヴ・インライトゥンメント・オーケストラ 長い!
(The Orchestra of the Age of Enlightenment(略称OAE))

指揮はイヴァン・フィッシャー

ベートーベンの交響曲2,3,5番でした
3番はいいなぁと思ったのですが
5番は、ううむ…でした
私がいつも聞いているのはウィーンフィル、サイモン・ラトル指揮のCDなのですが
それに耳がなれちゃっているから??

特に第二楽章がぴんと来なかったです
なんか、だれてる感じで(失礼)

とはいえ、大好きなベートーベンの5番を生で聞けたのは嬉しい限り
私の夢は、ベルリンフィルのコンサートでベートーベンの5番と9番を聞くこと
いつか叶うかな?
ベルリンフィルを聞くだけなら何とでもなりますが
曲目も指定となると難しいのです、ハイ

ロンドンにあるオーケストラはどれも世界レベルと言われています
実際とても上手だと思います
ところが、管楽器(特に金管)は「おお!」と思うことが少ないです
今日のは特に…ホルンが大事なところで失敗しちゃったし
目立つ所だったので、演奏している人は冷や汗かいたことでしょう

その点、NYフィル、ウィーンフィルは上手いなぁ!と感心しました
去年からそれなりにコンサートの数をこなしているので
オケによって(もちろん曲にもよりますけど)音の感触が違うこととか
指揮者によって同じ曲でも、かなり違いが出ることが、おぼろげながらわかってきました
CDだと、なかなかわからないので
特に私はいいスピーカーを持っていないのでね!
ああ、B&Wのツェッペリンが欲しい!
これも夢のひとつです

土曜はフィルハーモニアオーケストラ
この後はしばらくコンサートはないです
4月までは(って、もうすぐじゃぁないの!)
まりぼん
映画とか本とか芸術とか
4 0

comment
一週間前には「春」が近いと思ってたのに、昨日一昨日は47年ぶりの大荒れとかで、各地で強い風と雪が降りました。ああ、世界が終わるよ!氷河期が来た!。
広島も大雪だったようで、我がムーミン谷にも積もるほどではないけど少し雪が降りました。そして今日は、打って変わって温度は低いけど良い天気です。当然ですが世界は終わってなかった。

①ベートーベン交響曲第5番ハ短調について
"ジャ・ジャ・ジャ・ジャーン"で始まる運命だけど、楽譜を見ると最初に演奏されない「8分休符」がある。運命はいつ始まったのかと問えば、息を吸い込む感じで「8分休符」の後に"ジャ・ジャ・ジャ・ジャーン"と始まる。運命はそうやって扉を開いたそうです。

②ベートーベン交響曲第9番ニ短調について
何となく年末頃に演奏される印象ですね。多人数の合唱が含まれるのもあり、年越しのお金を大勢の音楽家に配れるように選曲されたのだと思う。
「喜びの歌」の歌詞を、ちゃんと聴いたことはないけど、日本語では、すがすがしい雰囲気とか風景を歌ってる感じがします。
▼ボリュームは低いですが、よろこびの歌 市原隼人
http://www.youtube.com/watch?v=T-sP-0Q3EAY

世界地図で英国を見ると、赤道から測る北方領土と同じくらいの位置にある。英国は北海道みたいな季候なのかなぁ?
2010/03/11 14:41 | | edit posted by 筑紫平野
おはようございます。
筑紫平野さんの物知りには驚きます。
どんな分野にも長けておられて、
本当に尊敬しますね。
僕は、プロレスとお好み焼きのことなら・・・(汗)
2010/03/15 02:24 | | edit posted by こうめい
Re: タイトルなし
筑紫平野さん

ながらくお返事せず放置していてすみません。
三寒四温というやつですね。必要なプロセスとはいえ、体がなかなかついていかない
春先は体調管理が難しいですね

ベートーベンの運命は、始まりがあまりにも有名で、意外とその先を聞いた事がない人が多いのではないかと思います。かなり衝撃的な始まりなので、「運命!ガーン!」という感じで受け止めている人もいると思います(笑)実際に最後まで聞くと、ワクワクする感じが伝わってきます(私にとってはかな~りワクワクです)船出する前、みたいな感じです。

ベートーベンを聞いていると、お腹のそこからエネルギー沸き上げがるみたいで、とてもパワフル。第九も同様に、すごーくパワーをもらえます。歌詞をみてみるのもまた面白いですね。頂いたリンクの歓喜の歌の歌詞は聴いたことあります。本当の歌詞を訳したものとはちがいますけど、爽やかでいいですよね。
私はベルリンの壁崩壊後に演奏された、歌詞の「歓喜」を「自由」に変えた「自由に寄せて」のライブ録音をよく聞きます。

Ode to Freedom
http://www.youtube.com/watch?v=imv2M64t_og

ロンドンの気候は北海道に近いといわれています。梅雨もありませんし。でも、北海道より暗い感じ。それは建物とか歴史が影響しているのか?北海道は、すかっと抜けいている感じがします。ロンドンはどよ~んです。晴れていると、本当に美しい街ですけどね。
2010/03/19 23:23 | | edit posted by まりぼん
Re: タイトルなし
こうめいさん

ご無沙汰しております。お返事遅くなってすみません。
筑紫平野さん、物知りですよね。

私はプロレスはわかりませんが、お好み焼きについてはぜひぜひお話を伺いたいです(笑)
美味しいお好み焼き食べたいですね~
2010/03/19 23:25 | | edit posted by まりぼん
comment posting














 

trackback URL
http://abohemian.blog45.fc2.com/tb.php/122-3c9dd5a9
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。