スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まりぼん
スポンサー広告


遅ればせながら、イタリア
北イタリアはピエモンテ、主にアルバ近郊のレストランやワイナリー
レストランやワイナリーの名前をクリックするとリンクに飛ぶこともあるよ!ばびゅーん!(なんだこのノリ)

Trattoria La Coccinella

Via Provinciale, 5
SERRAVALLE LANGE ( Cn)
Tel: 0173748220

山の中にぽつんとある、こじんまりしたトラットリア。スタッフも感じがよく、主に地元を中心としたワインの品揃えもよく(というのは高ければよいという姿勢ではないということさ)、とーっても美味しいです。厨房には日本人のスタッフもいるそうな。高級店ではない気さくな地元の小さなお店。お値段はワインを飲んで一人当たり35~50ユーロというところでしょうか。こんなレストランが近所にあったら最高に幸せだ!また行きたい!HPはございません。あしからず。スタッフは英語がとても堪能なので、英語で「日本人と話がしたい!」と言ってみるのも手だ!

La Ciau del Tornavento

ミシュラン一つ星。それなのにHPがイタリア語しかないような??
とても素敵なレストラン。まずロケーションがすごい。お洒落をして出かけて、窓際の席を取りましょう!テラスからの眺めは圧巻。寒くなければ食後酒をテラスでゆっくりと。
お食事はフレンチに近いイタリアン。ワインの品揃えがすごい。ここのワインセラーは頼むと見せてもらえますが…すごいの一言。セラーのワイン全部で何億って金額になります。

ホール、キッチンとも日本人のスタッフがいます。お味は好き嫌いが別れるところ(メニューによって当たり外れがあるとの噂も?!)でも基本的に美味しいです。英語のメニューもございます。ご安心を。

お値段はもう、ワインによりますが…。お食事だけなら40ユーロ~。何品食べるかによります。私は前菜とメイン、デザート無でお茶を頂いて50ユーロくらいだったと記憶しています。無茶苦茶高い!というわけではないです。

La Piola

これはアルバの町の中にあるレストラン。2階はミシュラン一つ星らしい(違ってたらすまぬ)1階はカジュアル。2階は時期によっては予約をしてから行ったほうが良いと思います。私たちは飛び込みで入れませんでした。トリュフの時期だったからか??1階はお手ごろで美味しいです。ここでも白トリュフが食べられます。

CASA DELLATORRE

Via e Pertinace 20
ALBA (CN)

アルバの町の中にあるとってもかわいいカフェ。何度も行ってしまった。
ここで売っているPastiglie Leoneのミント(かじるやつ)が美味しいです。大好き。オレンジとかアニスとか、色んな味があるのです。


ワイナリー

Marchesi Di Gresy

エノテカが取り扱っているようです

ここのワイナリーのシャルドネはお値段手ごろで美味しい!です。テイスティングに行くとばんばん開けてくれます。しかもバルバレスコの2000年も明けてくれた。超太っ腹で気のいいセラーマスターのJeffreyさんは(オーストラリア人だったような?)たまにワインの仕事で日本にも行くそうな。私たちが行ったときには韓国から買い付けが来ていました。ちなみにここで出してくれたグリッシーニはこれまででもピカイチに美味しかったです!チーズも美味しかったです!(って、ワインちゃうやん!)

Elio Altare

美味しいです!お勧め!バローロはちょっと高いけれど、お手ごろ価格のバルベーラ、ドルチェットも十分美味しいよ!

他にも二つ行ったのですが、ワイン買わなかったのでわからなくなってしもうた(汗)
イタリアのワイナリーの人はみんな気さくで楽しくて、世間話しながら一緒になって飲み始めたりしちゃったり、おつまみのチーズだしてくれちゃったりすることもあって、テイスティングというよりも、飲み会?というノリがいいですよ。楽しいですよ。でもそんなこんなで一日で3件まわったりすると、最後にはベロベロですよ!(苦笑)
あと、ワイナリーの人に「このあたりでお勧めのレストランどこ?」と聞くと、穴場で美味しいところを教えてくれるかもしれないよ!やっぱりイタリアはFood Lover!(食いしん坊って意味さ)

あ、白トリュフのパスタ食べたお店がどこか忘れてしまいました。温泉の町にあるの。調べてわかったらUPします。でも白トリュフはALBAの町ならどこでも食べられるよ!Viva ALBA!
スポンサーサイト
まりぼん
食いしん坊ばんざい(イタリア)
0 0

| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。