スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まりぼん
スポンサー広告


命を問う
さて

知っている人の死に関わると、普段は忘れている命について考える
生きるということは、死に向かうということ
それは良いとか悪いとかではないのですね
身近に見る死は、これ以上ないというほどの現実をつきつけます

死とは、テレビで見たり本で読んだりするほど簡単でもない
いくつかの死に立ち会って思うのは
生と死の境は、はっきりと線が引かれているものでもないのでは?ということ
死とは、その瞬間に起きる事ではないのではないかもしれません
だからこそ、仏教には、お通夜、お葬式、初七日…などなど
色んな段階があるのでしょう(これがチベット仏教になると、死のときからもっと沢山色々とあります)

命を問う
死を思う

いま、少しずつ、少しずつ、確実に死に向かっている、あの人は
本当のところ、どこにいるのだろう?
まだここにいるのだろうか
それとも、少しずつ、彼の命はここを離れてしまっているのだろうか?

沢山の機械に管で繋がれて、意識のない彼の命は
ひどく現実感がないように感じるが
その先にある死はとてもリアルだ

痛みはあるのでしょうか?
意識のない底で、悲しみを感じているのでしょうか?
私には計り知れない時間を彼は過ごしているのです

願うのは、どうか苦しみのないように
穏やかな死が訪れるように
沢山の人の思いに支えられている彼の命は
今にも消えそうでいて、明るく輝いているようにも感じます

チベット僧である彼から、教えを受けたことはなく
友達であった私ですが
その命と死は、私達に沢山のことを教えてくれます

最後に言いたいことって
ありがとうと、ごめんなさいしか思い浮かばない
笑って赦してくれるのも、わかってますけど

私たちの命がいまここにあるという事は
本当のところ奇跡のようなもので
終わってみれば儚く、一瞬のように短い時間を
ただありがたく生きる他に何が出来ましょう

だから、何も心配しないで
日々を大切に、感謝して

どうもありがとう
スポンサーサイト
まりぼん
ひとのこころ
7 1

夏至
もうすぐ

生きてました
リバプールに美術館観にいったり
突然のエビアレルギーに襲われたり
喘息になったりしてましたが
ここ最近はワールドカップにはまっております(時差が1時間なので)

21日は夏至です
一年で一番長い日
色々な条件が重なり、実現可能になった
一生に一度の経験かもしれない、ストーンヘンジで夏至の夜明けを見る
ということをやってきます
すごい人出らしいので、石までたどり着けるかどうか?!ですが!

春先からずっと、決断しなくてはいけないことがあり
色々な条件を考えるのではなく
自分の願いはなんなのか
自分はどうしたいのか
それだけを感じることにしました
まだ完全に答えは出ていませんが
なんとなく、先が見えてきました
ま、こうしたい!と決断してからも
色々と大変なのですが

生きるということは、本来は取捨選択、決断の繰り返しで
ほとんどの決断が、なんとなく流れて、決断ですらないまま次へ
そんな風に生きて生きたのですけれど
今度ばかりはそうもいかんです
先延ばしにも出来るけど
それではきっと、生き生きと、生きることが出来ないので

でも、私は元気です
ありがとう

一年で一番太陽の輝く日
どうかあなたの上に、暖かい日がさしますように
まりぼん
ひとのこころ
6 0

なんとも興味深い
ひとのこころ

またまたご無沙汰しております
忙しいかと言えば、忙しいのですが
どうも理由が他にあることに気付きました

私は時々、鬱傾向になることがあるのですが(鬱病というのとも違いますが)
ここ最近はそれだったのだということに昨日気付きました
あ、遅い…気付くのが遅い…

エネルギーが停滞して
とにかく身体が重い
朝起きられない
家に閉じこもりがち
インターネットをやたらと長時間する

これが私の典型的な鬱状態
把握していたつもりでしたが
今回はちょっとUp Downがあったので
気付くのに時間がかかりました

セラピストと話していて
こうなった理由もわかったので
なんとかするか、という気にもなりました

この自分のパターンが
赤ちゃん時代の頃から来ているのだということを
いまさらながら、本当に自覚
なんともはや
ひとって興味深い

というわけで、今後しばらくは
赤ちゃん時代の自分を見つめる強化月間
となりました

あー、学校ではやったけど
なんかすごくドキドキする
パンドラの箱っぽいので

でもパンドラの箱の最後に残るのは「希望」
自分の持っている「生きる力」を信じること
自分のなかにある「良いもの」を信じること
それを忘れないように、ですね

とりあえず、こんな時は
自分を大切にする強化月間でもあります(いつにもまして?大切にしすぎ!)
美味しいものを食べて
楽しい事をします
来週はお買い物ツアーだ!(またか?!)

新年という事もありますが
ここ数年は自分に限らず世界のいろんな事が動く時と感じます
新しい世界を恐れずに、希望を持って
自分の中にある、他人の中にある、この世界にある
「真善美」そして「聖」を信じ
それを見つけ、行うこと

生きて死ぬという事は、大きな意味があるのですが
生きるということに、それだけで意味があり
当たり前の自然な営みの一部でもあるのです
人としてこの世界で、いかに自然の一部として生きて死んでいくか
それはこの世界がいつも私に問いかける疑問です

屋久島に行った時に
あの木々の中で感じた、自然との一体感を思い出します
私はあの木のように
あるがままに、世界とつながって生きたいのです
時々思い出しては
生きることをあきらめずに、歩こうと思います
大げさでなく、当たり前に、ささやかに、確かに、感謝して
一歩一歩を大切に
まりぼん
ひとのこころ
4 0

"I have no special talents. I am only passionately curious." Albert Einstein
私に特別な才能なんてない。ただ、情熱的に好奇心が強いだけだ。 ~アインシュタイン~

日本にいる大切な友達と久しぶりに話をして
大泣きしてしまった
彼女の言っている事を聞いていて
アインシュタインのこの言葉を思い出しました
本当に、彼女にぴったりの言葉です

才能溢れる人だけど
本当に謙虚で正直で優しくて
彼女との出会いは、神様からの贈り物です
ありがとう

アインシュタイン150の言葉アインシュタイン150の言葉
(1997/03/31)
ジェリー メイヤー;ジョン・P. ホームズ

商品詳細を見る


この本、日本にあるのですが
彼が天才であるかどうか以前に
とても優しい人なのだとわかります

大切なのは、成功することではなく価値のある人間になること
自分の価値って何でしょうね?
成功したかどうかで自分を計るのでなければ
(そもそも”成功”という尺度は人によって違います)
自分の価値ってどうやって感じるのでしょう?

それを問いかけているのは、誰かではなく
恐らく自分自身です
認めてあげられるのも、赦してあげられるのも
きっと自分自身です

とはいえ、重く考え込むことが大切なのではないと思います
ゆったりと、軽やかに、あるがままに、穏やかに
それでいて力強く、逞しく
そんな風に生きていきたいですね
自分の価値(言い換えてみれば、この世界での居場所)さえしっかりと感じられたら
自分らしく生きることが出来るのではないでしょうか
私は、人って、本当にリラックスしていられたら
心から優しい、美しい生き物だと思うのです

好奇心をわすれずに
それはあなたに「生きている」という実感を与えてくれます
この世界への愛でもありますし
この世界との繋がりでもあります

ありがとう
まりぼん
ひとのこころ
2 0

どこかへ
それはどこへ

帰宅したのは先ほど、夜中の12時半
こんな時間まで働いたらいかんね
だがしかし秘かに借金を抱える身としては(親からですが)
仕事があるときに働いておかないと、ですね

外は嵐のごとく雨風
アメニモマケズ、カゼニモマケズ
明日も労働です
よく考えたら、3週間くらい
火曜以外は毎日働いているよ
ロンドン暮らしは大変だ

「仕事もいいけど、お勉強は大丈夫なの?」と母からするどい質問
あー、大丈夫じゃないです(言わないけど)
このまま行くと危険です(絶対言わないけど!)
春からずっと、歯の問題+ストレスで顎関節症が続いております
ヨガと各種セラピーがなかったらとっくに身体がガタガタになってますね

でも世の中にはもっともっと働いている人もいるし
もっともっと辛い状況にさらされている人もいます
私の友達を見ていてもそうだし
クライアントを見ていてもそう

だからと言って、自分の問題が消えるわけでもないので
私には私の問題があり
それはやっぱり辛いな、と思うときもあって
それでも、少しずつできる事をやっていくしかないし
それしか出来ない
大変といいつつも
それなりに楽しく、のんびりやっているも事実です

それぞれがそれぞれに大変だし
それぞれがそれぞれに頑張っている

瞬間瞬間を、謙虚に精一杯生きていけたら
本当にそれだけでいいのに
それだけの事がこんなにも難しい

先日見た夢に珍しく亡くなった父が出てきまして
私は何かの建物の玄関のデザインをしていて
それを見た父が

「ああ、門だね。過去の事にとらわれてここに留まっているのか
未来のことが心配でここに留まっているのかはわからないけど
あなたがいる場所は同じようで違うところなのだよ」

そんな事を言われて
私はその玄関に世界樹(ユグドラシル)を植えようと思ったのです

目が覚めてやけにすっきりした気分だったのですが
意味がわかるようで、わからないようで、わかるようで(どっち?)

さて、私がいる場所はどこなのだろう
ここにいて良いものだろうか
どこに行きたいのだろうか

そんな事を考えました
答えは良くわかりませんけど

「自分にとって最も良い場所よりも
自分にとって正しいと思える場所にいる事が大切な時もあるのよ」

そう友達に言われたことを思い出しました

私にとって正しいと思える場所は
自分自身をきちんと大切にできて
好きな人たちと心からつながれるところです
それはどこなのかと言われると
まだわかりません
わからないのは、ここがそうではないからなのか
私がまだ自分をきちんと理解していないからなのか
それすらわかりません
わからないことだらけですね

年をとると、いろんな事がわかると思ったのに
わからない事ばかりが増えます
でも、それはそれでいいのかもしれないとも思います
あるがままに

こんな夜は瞑想をして寝ることとします
おやすみなさい
まりぼん
ひとのこころ
4 0

| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。