スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まりぼん
スポンサー広告


命を問う
さて

知っている人の死に関わると、普段は忘れている命について考える
生きるということは、死に向かうということ
それは良いとか悪いとかではないのですね
身近に見る死は、これ以上ないというほどの現実をつきつけます

死とは、テレビで見たり本で読んだりするほど簡単でもない
いくつかの死に立ち会って思うのは
生と死の境は、はっきりと線が引かれているものでもないのでは?ということ
死とは、その瞬間に起きる事ではないのではないかもしれません
だからこそ、仏教には、お通夜、お葬式、初七日…などなど
色んな段階があるのでしょう(これがチベット仏教になると、死のときからもっと沢山色々とあります)

命を問う
死を思う

いま、少しずつ、少しずつ、確実に死に向かっている、あの人は
本当のところ、どこにいるのだろう?
まだここにいるのだろうか
それとも、少しずつ、彼の命はここを離れてしまっているのだろうか?

沢山の機械に管で繋がれて、意識のない彼の命は
ひどく現実感がないように感じるが
その先にある死はとてもリアルだ

痛みはあるのでしょうか?
意識のない底で、悲しみを感じているのでしょうか?
私には計り知れない時間を彼は過ごしているのです

願うのは、どうか苦しみのないように
穏やかな死が訪れるように
沢山の人の思いに支えられている彼の命は
今にも消えそうでいて、明るく輝いているようにも感じます

チベット僧である彼から、教えを受けたことはなく
友達であった私ですが
その命と死は、私達に沢山のことを教えてくれます

最後に言いたいことって
ありがとうと、ごめんなさいしか思い浮かばない
笑って赦してくれるのも、わかってますけど

私たちの命がいまここにあるという事は
本当のところ奇跡のようなもので
終わってみれば儚く、一瞬のように短い時間を
ただありがたく生きる他に何が出来ましょう

だから、何も心配しないで
日々を大切に、感謝して

どうもありがとう
スポンサーサイト
まりぼん
ひとのこころ
7 1

ご無沙汰にも程がある
でございますよ!

どっこい生きてます
人生一寸先は闇というのは本当で
色々と落ち着いて先が見えたら日記に書こうと思ってたら
落ち着く日なんて来ないのでは?というくらい
状況が二転三転四転・・・てなもんで
仕舞いには忙しさに流され、日記の存在を忘れてた!ということに気付いた次第
何だかんだいって、余裕がなかったのですね

今年の春からずっと、イギリスに残りたいのか
それとも日本に帰りたいのか考えてました
でも、考えても答えは出ないし
その答えを出したくなくて、色んな事を先送りにしていたと気付いたので
勉強とか仕事とか、損とか得とか
そういう条件を一切考えないで、自分の心で感じる!
ということを6、7月はやっていました

結果、もうしばらくロンドンにいたいという結論に至り
パートタイムで働いてる仕事先のボスも協力してくれることになり
労働ビザ獲得にむけて動いていたのですが…
新政府になってからの法律改正によって、ビザの申請がややこしくなり
現在のビザが切れるまでに、労働ビザの申請が出来ないという事がわかりました
つまり、今月末でこの国を出なくてはいけないということです

というわけで、現在は荷作りしております
来月はニューヨーク、そして南米(ブラジルとマチュピチュ)へ行きます
合計で7週間ほど♪
どうせ出なくちゃいけなくて
しばらく様子を見ないといけないのなら
この機会に旅に出るべ!(実はかなりウキウキ…笑)

10月に一旦ロンドンに戻って
ビザの申請が出来る状態であれば、日本で申請して戻る
出来ない状態であれば、とりあえず11月末に日本に戻って
卒業に必要な最後のケーススタディを日本で完成させる
ということにいたします

自分でどうにも出来ない状況というのはあって
その中でも、いかに選択肢をもつか
いかに幸せにいられるか
それが大切だと思うのです

仲の良い友達や、クライアントと離れるのは悲しいけど
ひとつの区切りとして、前に進みたいと思います
終わりは悲しくもありますが
いろんな事を見つめなおす機会を与えてもくれます

ああ、この国で私は、本当に色んな事が会って
色んな人に出会って
数え切れないほどの沢山の優しさに触れる事が出来ました
幸せものだと、心から思います

とりあえず、仕事をしながらの荷作りにげんなりですが
荷作りは基本的に嫌いだし!
それもまた、必要なものを取捨選択するという
よい機会でもあります

全ての出来事が、後になって振り返ってみれば
辛くても、難しくても、悲しくても
私に何かを考える、何かを見つける機会を与えてくれたのだと気付きます
ありがとう

さて、というわけで
12月には日本の予定ですよ!
それも楽しみです
会いたい人が沢山います

そして会いたい人が沢山いるって、幸せですね
わくわくします

皆さんどうか
日々を出来るだけ楽しく、生き生きと
色んな人に出会って、色んなものを見て、色んなことを感じて
自分らしく生きてください
それがきっと、この世界に生まれてきた私たちが一番やらなくてはいけないこと
まりぼん
A国日記
2 0

夏至
もうすぐ

生きてました
リバプールに美術館観にいったり
突然のエビアレルギーに襲われたり
喘息になったりしてましたが
ここ最近はワールドカップにはまっております(時差が1時間なので)

21日は夏至です
一年で一番長い日
色々な条件が重なり、実現可能になった
一生に一度の経験かもしれない、ストーンヘンジで夏至の夜明けを見る
ということをやってきます
すごい人出らしいので、石までたどり着けるかどうか?!ですが!

春先からずっと、決断しなくてはいけないことがあり
色々な条件を考えるのではなく
自分の願いはなんなのか
自分はどうしたいのか
それだけを感じることにしました
まだ完全に答えは出ていませんが
なんとなく、先が見えてきました
ま、こうしたい!と決断してからも
色々と大変なのですが

生きるということは、本来は取捨選択、決断の繰り返しで
ほとんどの決断が、なんとなく流れて、決断ですらないまま次へ
そんな風に生きて生きたのですけれど
今度ばかりはそうもいかんです
先延ばしにも出来るけど
それではきっと、生き生きと、生きることが出来ないので

でも、私は元気です
ありがとう

一年で一番太陽の輝く日
どうかあなたの上に、暖かい日がさしますように
まりぼん
ひとのこころ
6 0

Invictus
私の運命は私が決める
私の魂は私が導く


スーパーバイザーとのミーティングと仕事の間に時間がありまして
たまたまちょっと古い映画を上映する映画館で見逃していたインビクタスがやっていたので
これ幸いと観てきました

インビクタス
http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/

ネルソン・マンデラが大統領に就任した後に
南アフリカで行われたラグビーのワールドカップで、南アフリカが奇跡の優勝を遂げるという
実話に基づいた物語です

マンデラは人種に分けられていた国家をひとつにする、その象徴として
ワールドカップで優勝して欲しいと南アフリカのキャプテンに頼みます
ラグビーのルールは良く知らないのですが
みんなが一つになって目的の為に協力するということ
試合が終われば敵も味方もないということが良いのでしょう
スポーツが人の心を動かし、一つにする事が出来るのか?
不可能を可能に出来るのか?

ネルソン・マンデラというのは偉大な人だなぁと感心することしきり
そして信じる心が、奇跡を起こすということ
人は赦しあい、理解しあえるということ

かれの不屈の信念に心を打たれました
劇中でマンデラがラグビーのキャプテンに渡す詩があります
彼が獄中にいたときに助けられた詩ということです
これがそのまま映画のタイトルにもなっています


Invictus(William Ernest Henley)

Out of the night that covers me,
Black as the Pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds, and shall find, me unafraid.

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll.
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.



インビクス(ウィリアム・アーネスト・ヘンリー)
 
私を覆う漆黒の闇
鉄格子にひそむ奈落の闇
私は あらゆる神に感謝する
我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ
私は ひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ 血を流しても
決して屈服しない

激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしい死が浮かび上がる
だが 長きにわたる 脅しを受けてなお
私は何ひとつ 恐れはしない

門が いかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者
私が魂の指揮官


この映画の中で私が心を引かれた曲が2つ
ひとつはラグビーワールドカップのテーマ曲「World in Union」
ホルストの惑星の「木星」を基にした曲です

World in Union
http://www.youtube.com/watch?v=isXlv8EGqaw

World in Union

There's a dream
I feel so rare, so real
All the world in union
The world as one

Gathering together
One mind, one heart
Every creed, every colour
Once joined, never apart

Searching for the best in me
I will find what I can be
If I win, lose or draw
There’s a winner in us all

It's the world in union
The world as one
As we climb to reach our destiny
A new age has begun

We face high mountains
Must cross rough seas
We must take our place in history
And live with dignity

Just to be the best I can
Sets the goal for everyman
If I win lose or draw

It's the world in union
The world as one
As we climb to reach our destiny
A new age has begun

It’s the world in union
The world as one
As we climb to reach our destiny
A new age has begun

It’s the world
The world in union
A new age has begun

そしてもう一つは南アフリカの国歌
映画を観ていてその歌詞の意味がわからなくても
不思議と聞いていて心が熱くなるような曲でした

南アフリカ国歌
http://www.youtube.com/watch?v=qXKur2FAN7g

南アフリカは未だに山積みの問題があり
人々は苦しみ、政府は混迷しています
ですが、あの優勝の瞬間はきっと
人の心に隔たりも何もなく
共に喜びをわかちあっていたと思います
どうかその瞬間を忘れずに
あきらめずに、信念を持って進んで行って欲しいと思いました

それと同時に私は
自分が、心から誇りと愛をもって、国歌を歌う
そんなときが果たしてあっただろうか?と考えました
私たちの国は(世界全体を見たら)非常に豊かな国だけれど
ニュースを見ていたら、心が沈んだり
頭にきたりすることが沢山あります
政府はかなり、ええ、アレですが…(だがしかし、まっとうな政府が今の時代どこにあるかというお話で)

それでも、日本を出て外から見ていたら
素晴らしいところも沢山あるのです
私は、私の国が好きだと言いたいし
私は、私の国が素晴らしいと胸を張って言いたい
そんな気持ちになりました
それには、私からまず始めなくてはいけませんね
まりぼん
映画とか本とか芸術とか
10 0

ちょこちょこお出かけ
よいものです

土曜はいつものお仕事のうちの1件おやすみ
お昼過ぎに1件仕事して
夕方のコンサートまで暇だったので
時間つぶしにデパートの化粧品売り場をうろうろして
ちょっとお化粧(?)してもらったり
1年以上会っていなかった知人とお茶したりしました

コンサートはフィルハーモニア

チャイコフスキー:弦楽セレナーデ(スタッフサービスのオー人事オー人事で有名な曲ですわよ)
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲
ショスターコヴィチ:交響曲6番

でございました
指揮はアレクサンドル・ラザレフ(Alexander Lazarev)
ピアノはニコライ・ルガンスキー(Nikolai Lvovich Lugansky)

指揮者のラザレフは登場の仕方からして元気で
ドアからジャンプして出てくるのです(笑)
ドアの向こうにトランポリンでも置いてるの?って感じで
指揮も情熱的に大胆に
最後の礼まで元気いっぱい
かわいい!と思ってしまいました(笑)

ピアノはこの技巧的な曲は腕の見せ所
お見事でございました
拍手喝采!

月曜は映画を観てきました
ここ1年、周りから何かと言えば読むべき!といわれ続けた
世界中で大人気の、スティーグ・ラーソン原作
The girl with the dragon tattoo(ドラゴン・タトゥーの女)

http://millennium.gaga.ne.jp/

2時間半の長編映画
まったく飽きさせずにぐいぐいと引き込まれました
原作は多少違うところがあるそうですが(小説の映画化ですから、致し方ないと思われます)
映画は2作目もすでに一部の国では公開されています
3作目ももう完成しているのかな?
ああ!観たい!
分厚い三部作の原作本を読むのはちょいと時間がかかりそうですけど…映画ならOK(怠惰)

主人公のミカエルがですね
肌も綺麗じゃないし、冴えないオッサンだわ
などとて思っていたのに
ストーリーが進むにつれ、かっこよく見えてきてしまって
最後には…むぅ…惚れてしまうかも?などど思ってしまった
催眠?!催眠なのかしら?
これは一緒に観ていた友人(女性)も同意見で
「そうなのよね!あれ?今かっこよくなかった?って思い始めちゃったの!」
ですって(笑)

日本でもすでに公開されていて
DVDも出ているみたいですね
人気はどうだったのかしら?
まりぼん
映画とか本とか芸術とか
2 0

| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。